家庭環境からのすさみも風俗で改善

家庭環境からのすさみも風俗で改善

投稿日:2015年10月14日 カテゴリ:歴史の偉人達も愛読したという風俗体験談

兄弟格差がひどい家で育ったので、寮のある学校を選んで、義務教育が終わってからすぐに家を離れました。そうやって独り立ちが早かったからってわけではないんでしょうけど、大学に入ってバイトを始めたら同年代のやつらより結構稼げるようになりました。学費とか生活費をわけて貯金しつつ、ちょっと余裕が出て風俗に行けるようになった時は、かなり嬉しかったですね。初めて行ったのは格安みたいなヘルスだったんですが、学生だったこともあってか、なぜかそこのお姉さん達にはよくしてもらいまして、バイト代が多めに入った時にはしょっちゅう顔を出してました。後で知ったことですが、普通、風俗の店っていろんな女性とプレイすると、女性側から嫌がられることが多いんだそうで。自分の場合はそのヘルスで5~6人くらいの女性とプレイしましたが、なぜか嫌がられることもなく、他の女性とプレイしたと知るといつもよりサービスが良くなったりしていました。今思えば本当にかわいがってもらっていたんだなと思います。お陰で女性に対する偏見や怖さが、かなりなくなりました。